忍者ブログ

あえいおうんの翻訳日記

翻訳(特に日英翻訳について)についてつらつらと書いていこうかな、と...今はそのぐらいで。

はじめまして

はじめまして、aeyiowumn(あえいおうん)と申します。

ソフトウェア会社で翻訳業務をしている者です。翻訳業務に関わり早10年近くが経とうとしています。

実務に関しては、チェック作業を主にしていますが、2〜3年前までは翻訳もやっていました。

大学は理系学部を卒業という、英語そのものとは無縁なな経歴ながらも、今このような仕事をさせてもらっています。

自分の翻訳人生を簡単に振り返って見ると、大体こんな感じ...


配属されて最初のころはひたすら辞書とにらめっこして翻訳していました。ALCさまさまでした。自分が書いている英文がどうなのか、正直意識している余裕ナシ。で、うちの会社は英文表現のチェック担当として英語のネイティブスピーカを雇っているのですが、その人からのチェック結果がいつも大量に...という人でした。(もちろん、チェック結果を自分のものにしながらチェック結果はだんだんと減ってきましたよ...念のため補足)

また、まわりはみんな大学で英語を勉強してきたり、留学、海外生活の経験があったりする人たちばかりで、自分は英語を話せたりするわけではなかったため、「自分英語があんまり分かってないんだな〜」とは薄々思ってはいました。


で、入社6〜7年目くらいのときに、あることがきっかけでこう考えるように なってきたのです。

まわりと違って、自分は大学で英語を勉強してきたり、留学、海外生活の経験があったりしていない。自分は根本的に英語力が不足しているのかもしれない。

自分は根本的に英語力が不足しているのかもしれない。

でも、だからといって今更このような経験をすることは難しい...

だから自分なりの方法で英語力を上げよう!

大学生のとき、以下の書籍に出会い、内容を実践し、「これは効果がある!」と確信していた自分は、

英会話・ぜったい・音読 頭の中に英語回路を作る本 (国弘正雄/編 千田潤一/トレーニング指導)

http://www.junkudo.co.jp/mj/products/detail.php?product_id=0100232652

やはり英語力を上げるには「意味の分かる英文を音読しよう」と思ったわけです。

また、英語力を上げるにはインプットを増やす必要があると考え、インプットを増やす一番の方法が「自分が興味がある、詳しいジャンルの英文について英日翻訳すること」と思い立ちました。

(なんで? と思われるかもしれませんが、その辺りはあまり詳しく言えないので割愛)

良いネタないかな〜、と思って考えた末に、まずは Wikipedia で日本語記事のないものを和訳してみるか、と思い立ち、実際記事を数個翻訳してみたりしました。

(で、aeyiowumn というのは Wikipedia でのユーザ名なんです。なんで aeyiowumn なのかは後述)


しかしこのような矢先、以下の書籍に出会ってしまったのです。

語学力ゼロで8カ国語翻訳できるナゾ どんなビジネスもこの考え方ならうまくいく(水野麻子/著)

http://www.junkudo.co.jp/mj/products/detail.php?product_id=0110931350

8カ国語翻訳者が明かす大人のための「超手抜き」英語勉強法(水野麻子/著)

http://www.junkudo.co.jp/mj/products/detail.php?product_id=0111907623

なんかもう目から鱗でしたよ〜 自分が目指している方向とは真逆ですもの。「語学力は幻想」、なるほど〜 って思いました。この人すごい! 本物や! と思いました。

「翻訳するには、まず母国語がちゃんとできる必要がある」

「英語が完璧にできる必要なんてない」

「自分で英文を作るより英文表現を引っ張ってきたほうが、自然な英文になるに決まっている」

と思えたのは自分にとってプラスになったかなと思います。

またこの本のおかげで、

「日本語とほぼ真逆な文構造であり、日本人とほぼ真逆な価値観をもつ人たちが話す「英語」というものはいかなるものかと言う興味があって、この興味を満たすために自分は翻訳をしているんだ」

「とにかく日本語と英語のあいだの架け橋をたくさん作りたいと自分は思っているんだ」

など、自分の気持ちにも気づけました。


こんなわけで「英語能力向上を目指します」から「調べ物が上手になります」に方向転換しようとしています。

ただ正直、上記書籍の内容を実践しようとすると、少なくとも日々の業務の中では時間がかかりすぎて難しいというのが現状ですので、そこはプライベートで補っていければいいかと思っています。

「自分が興味がある、詳しいジャンルの文章を翻訳する」はそのままで、手法をがらりと変えることで。

このような背景のもと、このブログはひとまず以下のことを目的としています。

  • 「調べ物が上手になります」への方向転換の足跡を残すために、自分の訳文を晒す。 あわよくば評価してもらう。
  • 今まで勉強してきたこと/この先得た新しい知識のメモ蓄積場所として使う(翻訳が進まずネタがない時のために)

よろしくお願いします。

※ちなみに aeyiowumn の理由は、母音と「ん」だけでユーザ名を作りたかったのと、「あえいおうん」と口に出すと大きな口がスムーズに小さくなっていくのが面白かったからです。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。よろしければ以下のバナーをポチッと…お願いします。

   にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
あえいおうん(aeyiowumn)
性別:
男性
職業:
翻訳者(日英、コンピュータ関連)
趣味:
クラシックギター?
自己紹介:
ソフトウェア会社に勤める日英翻訳者です。翻訳を始めて9年経ちましたが、勉強不足のせいか英語の表現力不足を最近痛感。真剣に英語能力向上を目指します・・・と思っていたのですが、いろいろあって方向転換中かも。

ブログランキング(「人気ブログランキング」と「にほんブログ村」)に参加しています。よろしければクリックをお願い致します。

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ

P R